TOP

風俗に行った時の体験談をお話しします

高級デリヘルの攻め方

『高級デリヘル』は東京都内の場合、様々なサイトで違いを出すことが難しいです。その理由は、地域を含める習慣がない為です。地域を含めることは店舗サイトや情報サイトを絞り込む上で非常に重要となることですが、高級デリヘルの業界ではあまり意味を成しません。何故かというと、東京の地域の規模感に対して通常の風俗業界の店舗数としては少なすぎるからなのです。よくある人妻系やSMヘルスなどよりも少ないかもしれません。つまり、店舗数だけで考えると100~150店舗ほどしか存在していない為、細かな地域別では各店舗サイトの比較が成立しないのです。ですので、東京都レベルの範囲での検索を求めれられた結果として、『高級デリヘル』の単一ワードでの検索が主流となっているのです。これらを攻略するには、まず大規模な対策を口実必要があるでしょう。特に複数の地域にまたがった情報を所有するサイトの場合、難易度は格段に上がってしまします。「高級デリヘル」でインデックスページを検索に該当させる必要が出てくるので、「渋谷」「銀座」「品川」などという地域のワードがサイトタイトル含まれている意味があまりないです。もちろん含まれていれば目立たせることができますが、地域ワード込みでで目立ったとして集客は全く成立しません。ですので、初めから地域のワードを含まない形でサイトを作り上げることが重要です。地域のワードも当然サイト内に出てくるでしょうが、サイト内コンテンツの文章のみで十分です。次に、他のサイトから紹介される際も同様です。詳細をしてもらうサイト名に地域ワードは不要です。あくまでも紹介してくれる側のサイトのテーマに地域性やジャンルの情報が含まれていれば問題ないのです。こういった形で、「私のサイトは“高級デリヘル”のサイトです!」と徹底して厳選したテーマを打ち続けることが最も重要です。タイトルに「東京」「新宿」などと含めてしまうと、それ込みでメインテーマとなってしまい単一ワードでの結果が弱まってしまうからなのです。こういった普通では考えないような特殊な対応が必要となってくる為、非常に競合性があり難しい業界であると考えられます。


出張先でリピートしたくなるデリヘル発見

もう結構な歳になりましたが、それでも風俗遊びがなかなかやめられません。仕事の都合で地元近郊から遠方まで、全国各地に飛び回ることが多く、最近では泊まりの仕事で余裕が出そうな時は、前もってデリヘルの使えるビジネスホテルをチェックしておいて、仕事の後に女の子を呼んでます。デリヘルの多い地域だと、明らかに自分の好みじゃなさそうな店、やばそうな店を除いてもいろいろな店舗が選べるので、毎回初回割引が使えたりして、安く遊べるのもいいですね。前回の出張で利用したデリヘルは、お姉さん系の大人っぽい女の子が多い店。それでも20代前半までの女の子がほとんどで、店のクオリティはなかなかなんだと思います。フリーでお願いして来てくれたのは、少し背の高いモデルのようなCさん。細身ですがメリハリのある、女性らしい体でした。きれいな顔立ちながら、プレイに入るとかなり積極的に攻めてきてくれて、きれいなルックスとエロさのギャップもよかったですね。この地域はよく来るので、この店ならリピートしてもいいと思えました。


SMもソフトなら良いですね

あまりSMプレイには興味がなかったんですが、ソフトならやってもみてもいいなと思ってデリヘルで挑戦してみました。SMにハマる人はかなりハマっているみたいですしね。指名した風俗嬢は綺麗系のS嬢。見た目はまさにSと言う感じなんですが、プレイが始まるまでは普通の良い子でしたよ。風呂に入って嬢のスイッチが入ると、一気にS嬢に変わりました。四つん這いにさせられて何をするのかと思ったら、じーっとこちらを見ているだけ。その後服を脱ぎだして見せつけるようにしてくると思ったら、「私の裸を見て興奮しないの?」と怒られました。少し経ったらそんな強気の態度にゾクゾクし始めていて、息子も大きくなっていったんです。大きくなったらなったで「いやらしい子」と罵られるわけですが、こういうのも良いですね。息子を強めに握られて高速手コキでイカされた時も頭が真っ白になるくらい気持ちよかったです。ソフトとはいえSMに挑戦出来て良かったです。